スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




一定期間更新がないため広告を表示しています



























 














盆栽の育て方〜置き場所・水・肥料
<< 卓球のサーブ上達法 | main | 妊婦の咳止め〜薬に頼らない民間療法 >>

盆栽の育て方〜置き場所・水・肥料



【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




今日は盆栽の育て方についてです。普通の植物の育て方と大差はありませんが、
デリケートな盆栽の育て方には、特別注意を払う必要がります。

○置き場所
盆栽は日光を好みます。毎日2〜3時間は日光に当てましょう。

○水やり
土の中で根が呼吸できなくなってしまうので、実は常に土が湿っている状態もよくないのです。
そのため、原則、土が乾いてきたら水をやるようにします。

それをふまえ、「春・秋は1日1回」「夏は1日2回」「冬は1週間に2〜3回」ほど、
盆栽の鉢底から水が流れ出すまで、たくさんと水をやりましょう。

<外出中の水やり>

盆栽は、夏場でも1泊2日程度(夏以外は2泊3日)でしたら、
水をたくさん与えて、明るい日陰に置いておけば問題ありません。

2泊以上の場合は、明るい日陰に置き、受け皿に水を貯めて
鉢底から吸水させるなどすればよいでしょう。

<霧吹きで葉に水をやる>

夏場は、夕方に霧吹きで葉に水をやるとよいですが、
葉の上で水が熱くなってしまうので、日中は避けてください。

○肥料
成長のための養分が不足しやすい3月〜7月頃と、冬越しの活力を蓄える9月〜11月に
肥料を土の上に置くようにして与えてください。
なお、真夏や真冬など、生育が止まっている期間に肥料をやると、
植物に負担がかかりますので、肥料は与えないでください。

盆栽の育て方の主な注意点は上のような感じです。
きれいな盆栽を育てて、周りに自慢しましょう!


























 














スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • 00:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














  • by


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links