スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




一定期間更新がないため広告を表示しています



























 














観葉植物の育て方(これさえ守れば大丈夫な3カ条)
<< 格安のこたつセットが買える場所を考察してみた | main | ポトスの育て方〜初心者もこれだけ守れば失敗しない >>

観葉植物の育て方(これさえ守れば大丈夫な3カ条)



【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




今回は観葉植物の育て方についてです。観葉植物の育て方を紹介したサイトがたくさんありますが、植物別になっていたり、あまりに詳しかったり、初心者には向かないサイトが多いように思います。今回は育て方において、特に重要な部分を説明します。

まずは水のやり方です。観葉植物の性質に合わせ、乾燥に強い植物には、表土が乾いた翌日に、乾燥に弱い植物には、表土が乾きかけたら水をやりましょう。このとき、水はたっぷりとやってください。鉢の底からきれいな水が出てくるまでです。水やりは、根の呼吸に肝心な空気を送る役割も兼ねています。

次に肥料のやり方です。肥料は観葉植物が育つ、4月〜10月に与えます。とりわけ、4月下旬から5月は大量の栄養が必要なので、怠らずに与えましょう。ただし、11月〜3月は観葉植物は休眠期となります。この時期に肥料を与えることは根を痛める原因となるので、肥料は与えないでください。

最後に、植物にとって厳しい季節である、夏と冬における管理方法です。夏場は、日差しが強くなるため、薄い葉の観葉植物が葉焼けを起こさないように気をつけましょう。7月〜8月は与える水の量を増やさないと、たちまち乾燥してしまいます。そして、葉水もこまめに与えてください。冬は室内のなるべく暖かい場所に置きます。水をやるときは、暖かい日の午前中にしましょう。そして、夕方には乾くくらいの量で結構です。やや乾燥ぎみの方が寒さに耐えられるからです。また、暖房の効いた部屋では、湿度を保つように加湿器を装備してやりましょう。 以上の育て方を遵守すれば、失敗することはないはずです。


























 














スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • 16:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














  • by


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links