スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




一定期間更新がないため広告を表示しています



























 














一眼レフデジカメ入門編〜基本用語を覚えよう
<< プロテインは太るなんて嘘!(正しく飲めば太らない) | main | 一眼レフレンズの種類の決め方 >>

一眼レフデジカメ入門編〜基本用語を覚えよう



【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




今回は一眼レフデジカメの入門編です。一眼レフデジカメで撮影するために必要な用語の知識を解説します。入門編ということで、かなり簡単に書いてあります。入門には、とりあえずこのくらい言葉を覚えておけば、簡単な撮影はできるようになるはずです。

<一眼レフデジカメ入門のための用語集>

・露出とは
露出とは、簡単に言うと明るいか暗いかということです。つまり、適正露出とはちょうどいい明るさの写真のことを言います。露出オーバーと露出アンダーは、その適正露出より、それぞれ明るい、暗いということです。

・絞りとは
絞りとは、光量を調節する機構のことです。明るくすることを、絞りを開放する、暗くすることを、絞りを絞るといいます。人間の目で言うと瞳孔に該当します。

・F値とは
F値とは、絞りの単位のことです。大きいほど明るくなります。なお、開放F値とは、絞りを最も解放したときの明るさのことです。これが大きいレンズほど、値段が高くなる傾向になります。

・被写界深度とは
これは、ピントの合っている範囲の広さのことです。これが大きいほどピントが合いやすいということです。ちなみに、「絞り」を開けていくと、「被写界深度が浅く」なり、
逆に絞り込んでいく(F値を大きくする)と、「被写界深度が深く」なります。

・ISO感度とは
ISO感度とは、光を感知する能力のことで、これが高いほど、暗い場所でも撮影ができます。夜景を撮影するときなどは、この値を上げればいいのですが、ISO感度を上げると画質が粗くなってしまいます。なので、ISO感度は変えた後、しっかりデフォルトに戻しておきましょう。

あとは、詳しい使い方を覚えて、一眼レフデジカメを使いこなせるようになりましょう!


























 














スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • 16:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














  • by


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links