スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




一定期間更新がないため広告を表示しています



























 














蛍光灯の安定器の寿命は何年なのか
<< 蛍光灯安定器の故障を疑う前に | main | 消費電力を削減できる蛍光灯の安定器 >>

蛍光灯の安定器の寿命は何年なのか



【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




蛍光灯がちかちかする原因の一つとして、蛍光灯器具内部の安定器が寿命を迎えたためと言う場合もあります。この安定器の寿命は大体何年なのでしょうか。

実は、蛍光灯の安定器の寿命は10年くらいあります。数年で安定器が寿命を迎えるということはありません。数年で蛍光灯がちかちかするならば、それは他のことが原因の場合が多いでしょう。たとえば、グローランプの不具合とか。

グローランプはどちらにしても消耗品なので、買っても無駄にはならないし、とりあえず試してみましょう。なお、加えて蛍光管も新品に換えても、ちかちかする現象が出るようなら、安定器の寿命が原因の可能性が高いと思います。

安定器を交換するときは、たとえば熱のこもるような場所に設置されているのでしたら、
発熱とフリッカーの少ないインバータタイプにするという方法もあります。


























 














スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • 18:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














  • by


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links