スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




一定期間更新がないため広告を表示しています



























 














蛍光灯型電球の電気代は安い!
<< 蛍光灯と電球を徹底比較〜あなたに最適なのはどっち? | main | 蛍光灯型電球の明るさを調べてみた >>

蛍光灯型電球の電気代は安い!



【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?




今回は、蛍光灯と電球の電気代についてです。蛍光灯の方が、電球よりも電気代が安いというのはご存知の方もいるかもしれません。そもそも、電気代は、電気代=W数/1000×点灯時間×23円と計算します。これをもとに、蛍光灯と電球の電気代を計算してみましょう。

40W形白熱電球8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
=40/1000×8時間×365日×23円×10個=26,864円

同様の明るさを持つ電球形蛍光灯は10Wの消費電力で点灯できます。よって、
40W形電球形蛍光灯8時間当たりの電気代(年間)(10個分)
=10/1000×8時間×365日×23円×10個=6,716円

このように、圧倒的に、電球よりも蛍光灯の方が電気代が安いのです。また、最近では電気代の安い、蛍光灯型電球というものも発売されているようです。13,000時間後の電気代を比較すると、普及型の54Wの白熱電球が15,444円に対し、蛍光灯型電球は2,860円初期投資はかかっても、ぜったいに白熱電球は蛍光灯型電球に買い替えた方が、経済的と言えるでしょう。なお、白熱電球は環境負荷が大きいため、製造中止を表明したメーカーもあります。


























 














スポンサーサイト

スポンサーサイト

  • 2010.05.15 Saturday
  • -
  • 18:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














  • by


【PR】

えっ・・・!?
福島県産こしひかり10kgが3千●●●円!?しかも送料無料で、ポイント10倍なんて、
そんなのうそでしょう!?






























 














コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
archives
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links